絵本電車〜えんとつ町のプペル号1752への想い(2)

嗚呼…ついに。無事にラッピング施工および、プペル専用車内広告のセットが無事に完了しました!ご尽力いただきました能勢電鉄様、本当にありがとうございました!!

以下、兵庫川西スタッフのゆっきーから届いた撮れたてホヤホヤの施工写真です☆
★絵本電車〜えんとつ町のプペル号1752★
2/4(日)10:00-12:00
能勢電鉄 川西能勢口駅5番線
※途中下車でお立ち寄りできますが、そうでない場合は、券売機で「入場券」をご購入ください


さて、前回は2/4(日)にお披露目される絵本電車〜えんとつ町のプペル号の実現に尽力した一人、ゆっきーからのメッセージをご紹介しました。


今回ご紹介するのは、プペル号実現のもう一人の立役者スタッフストーリー(その2)です。

ともさん、とみんなから呼ばれる彼女は、「とても誠実な努力家」の印象です。
そして、どんなにしんどい状況になっても、カラカラと笑う姿はまるでみんなの良き「おっかさん」。

そんなともさんの繋がりや頑張りが無かったら、プペル号の実現はあり得ないことでした。ともさん、本当にありがとう、そしてお疲れ様でした☆( i _ i )

昔のとても貴重な写真とともに、ともさんが感じている「のせでん」への記憶と「プペル号」への想いを綴っていただきました。

よろしければ最後までお読みいただき、引き続きともさんやプペル展スタッフへの応援をよろしくお願いします。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
ラッピング電車について、能勢電鉄さんとの交渉窓口をさせて頂いている藤井文(とも)です。

以下、私の「思い徒然」…ご一読頂ければ幸いです。
 

『電車に乗って行こう』

私達家族が家を出て、最初に乗る電車は能勢電車。父母も今は亡き祖父母も叔父も息子もみんなそうだ。

祖父は生涯現役を貫き、会社のトップになっても電車通勤だった。一見厳しい表情の祖父だったが、私にとっては優しいお爺ちゃん。

毎年、1月1日は家族揃って妙見山へ初詣に行くのだが、その際の家族全員の交通費は全て、祖父持ちだった。

笹部駅から能勢電車に乗って妙見口駅に着く。徒歩でケーブル駅へ行き、ケーブルとリフトを乗り継ぎ山上へ。参拝後はまた、リフトとケーブルを乗り継ぎ、妙見口駅から能勢電車に乗って笹部駅に戻る。

先祖代々暮らす我が家は笹部駅から徒歩5分…いつもの暮らしの中に電車のガタゴトや「プアーッ」という発車の合図、駅のアナウンスがあって、それがとっても落ち着くのだ。

笹部駅はずっと昔から無人駅で、私が小さい頃は未だ木造、ホームに沿って桜の木が植えらえていた。蛍も沢山飛んでいた。
だから、駅の看板には蛍と茅葺屋根の家(我が家も私が中学に上がるまではそうだった)が描かれている。

十数年(多分)前までは、切符は電車に乗ってから車掌さんに切ってもらい、降りるときは運転手さんに渡していた。

私が乗り遅れそうになって駅の向こうから必死に走っていると、大抵は暫く待ってくれたし、それは今でもそうだ。

母は、若い頃に乗り過ごして、反対車線で戻る電車に乗り移らせてもらったこともあるらしい。さすがに今はさせてもらえないけれど…

能勢電車は私達の生活には欠かせない存在で、私にとっては、まさに故郷の一部なのである。

「えんとつ町のプペル」という絵本の個展を川西市で行うと聞いたとき、川西の魅力を発信したいと思い、最初に私の頭に浮かんだのは、私の故郷の一部である能勢電車だった。
市内を縦断して走る能勢電車を通して川西の魅力を発信できれば…と…

今回のラッピング電車企画を進めるに際しては、様々な思いや考えが交錯し、事務的な手続き諸々含めて色々あったのだけれど、携われて本当に良かったと思う。

運営メンバーの尽力もさながら、公共交通機関である能勢電鉄さんが最大限出来うることを必死に考えて下さったことにとても感謝している。

「絵本電車~えんとつ町のプペル」がいよいよ走る。

天国にいる祖父はどんな眼をしてこの光景を見てくれるのだろう。
運行期間は3月31日までだけれど、運行が終了しても、能勢電車が私の故郷の一部であることは変わらない。

私は今日も明日も能勢電車に乗る。おばあちゃんになってもきっと変わらず、ここに暮らし、笹部駅に着くガタゴトと「プアーッ」という発車の合図を聞いているのだろう。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

いかがでしたでしょうか。
先祖代々からその地に住み続けてきたともさんにしか書けないマイストーリーだったと思います。

天国のお祖父さんにも見せることができる2/4(日)まで、いよいよあと二日です!!


★おかげさまでネット販売チケットが完売しました☆ありがとうございました!!
残りは手売りによる販売となりますが、まだ入手可能ですのでお問い合わせ(yumehoshi.kawanishi@gmail.com)よろしくお願いします。

★プペル展in兵庫川西を盛り上げる仲間も募集中です!!何卒よろしくお願いします。

2コメント

  • 1000 / 1000

  • yumehoshi-kawanishi

    2018.02.11 07:11

    @療育mama~3人の発達凸凹ちゃん育児に奮闘中~私の方こそいつも声掛けて頂き ありがとうございます。 楽しくハロウィン🎃参加させて頂いていますので、また何かあれば、いつでもお声がけくださいね。 プペル展は子どもたちの笑顔が見れる絵本展です。 是非プペル号に乗って多田神社へ(╹◡╹) お待ちしています。(とも)
  • ともさん、去年のHALLOWEENイベントで ご一緒させていただきました 毎回、明るくカラッとしたお人柄で いつも支えてもらっています☺️ そんなともさんの想いを知れて良かったです🎵 ありがとうございました😭✨